下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

 

新型ジムニーシエラを買おうと思っている方だったらこんな事思いませんか?

  • 燃費はどれくらいなの?
  • 内装のデザインはカッコいいの?使いやすいの?
  • エンジンはどんな感じになっているの?

購入を検討しているならこの辺りがわからないと正直買う気になんか起きませんもんね。

なので、今回は新型ジムニーシエラの燃費はどれくらいでエンジンの特徴は何なのか?

内装はどんな感じなのか?と言ったことをまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

新型ジムニーシエラの燃費

【5MTモデル】

基準モード(WLTC) 15.0㎞/l
市街地モード(WLTC-L) 12.8㎞/l
郊外モード(WLTC-M) 15.8㎞/l
高速道路モード(WLTC-H) 15.9㎞/l

 

【4MTモデル】

基準モード(WLTC 13.6㎞/l
市街地モード(WLTC-L) 11.2㎞/l
郊外モード(WLTC-M) 14.7㎞/l
高速道路モード(WLTC-H) 14.6㎞/l

軽自動車の燃費って基本的に20㎞/lを超えるのが多いだけにこの数字は全体で見たら燃費が悪いと言わざるを得ませんね。

しかし、先代のジムニーシエラもノーマルのジムニーも燃費は悪い方なんですよ。

それに悪路走破性に重きを置くジムニーで燃費の事を言うのも野暮かもしれませんけどね(;´∀`)

 

ちなみに先代のジムニーシエラの燃費はJC08モードで13.6㎞/lでした。

 

先代のジムニーシエラの燃費と比べてもあまり変わりませんね。誤差の範囲といった所でしょうか。

 

後は5MTと4ATを比べた場合、5MTの方が全体的に燃費が良いんですね。

ハスラーの場合だとS-エネチャージが搭載されているので実はATの方が燃費が良かったのですが、ジムニーシエラにはそれが搭載されていません。

なので、従来のATとMTの関係の通り、MTの方が燃費が良いのですね。

スポンサードリンク

新型ジムニーシエラのエンジン

新型ジムニーシエラのエンジンは新開発されたエンジンで軽量、コンパクト、低燃費を目指して作られたエンジンとなっています。

引用:ジムニー公式サイト

スペックはこんな感じです。

エンジン形式:直列4気筒DOHC
エンジン型式:K15B
排気量:1460cc
ボア×ストローク:74.0×84.9mm
圧縮比:10.0
燃料供給:PFI(ポート噴射)
最高出力:102ps(75kW)/6000rpm
最大トルク:130Nm/4000rpm

 

ジムニーシエラのエンジンの特徴はこんな感じです。

 

  • 吸気レイアウト
  • 樹脂製インテークマニホールド
  • 電子制御スロットル
  • ロングノズルインジェクター
  • フライホイール
  • 樹脂製ベルトカバー
  • アルミ製オイルパン
  • 電動ラジエーターファン

 

過酷な環境に耐えたり、耐水性能やオフロード性能を高める為に呼気レイアウトを工夫し、エアクリーナーをエンジンの上の方に配置。

ノズルインジェクターを長くすることで混合気を最適化したりジムニーらしさを出すために色んな工夫がされていますね。

 

私があり得るかもしれないかなーと思ったのがハイブリッドモデル。

つまり、最近のスズキの軽自動車にはお馴染みになっているS-エネチャージです。

 

エンジンをハイブリッドにする事でトルクが増すじゃないですか。

それはイコール悪路でのパワーに直結するので悪路走破性は更によくなるのではないかと思いました。

しかし、ジムニーシエラの新型にはそのようなエンジンは作られませんでした。

 

作られない理由に関しては不明ですが、もしかしたら上記でお伝えした機能とハイブリッドを両立させるのが難しいんですかね?

それともジムニーのアイデンティティとしてハイブリッドはありえないというブランド的な問題なのか?

 

その辺りはわかりませんが、今後ハイブリッドが実現して悪路走破性が増すならぜひやってほしいと思います。

新型ジムニーシエラの内装

運転席回りについて

運転中常に目にする内装のデザインはすごく大事ですよね。

私はココがダメならその車は好きになれないくらいですからね( ̄▽ ̄)

 

そんなジムニーシエラの内装はこんな感じです。

引用:ジムニー公式サイト

運転席回りはかなりシンプルですが、ジムニーは走りを楽しむ車なので操作がしやすい事が第一でなくてはなりません。

私が好きなのはメーターですね。

左にタコメーターで回転数を考慮しながら速度も調整できるベーシックな配置で安心ができます。

最近はタコメーターがない車とかありますからね(;´∀`)

 

また、メーター中央部は表示を切り替えられるようになっていて、

  • 瞬間燃費
  • 平均燃費
  • 後続可能距離
  • 外気気温
  • 時計
  • etc・・・

に切り替える事が出来ます。

 

細かい点で言えばセンタースイッチ。

引用:ジムニー公式サイト

パワーウインドーは別になくても良かったのですが、トラクションコントロールなどのスイッチが扱いやすい所に配置され、手袋を付けていても操作できるようにボタンも大きく作られています。

私はあまり雪国で走行する事はないので車内で手袋をする状況になった事がありませんが、それでも色んなシチュエーションを想定して作っているのは素晴らしいと思います。

シートとラゲッジルームはこんな感じ

遊び車ですからラゲッジルームの広さや使い勝手は気になる所ですよね。

シート周りはこんな感じになっています。

引用:ジムニー公式サイト

後部座席は基本的にラゲッジルーム化するので運転席と助手席のシートと比べるとあまり良いとは言えませんが、逆に言うと運転席と助手席はそこそこいいんですよ。

まあ、基本的に1人か2人で乗る車ですからそこがしっかりしていれば80%くらいは良いんですけどね。

 

ちなみにシートを倒してフラットにするとこんな感じです。

引用:ジムニー公式サイト

完全に平らにするのは無理ですが仮眠をとるのには十分ですね。

また、脚立くらいなら乗るくらいのスペースはあります。

引用:ジムニー公式サイト

後部座席を倒したバージョンはこんな感じです。

引用:ジムニー公式サイト

ラゲッジルームとして使う場合はこんな感じで平らにできるので安定した平らな場所に荷物を置く事が出来ます。

後部座席を立てたままだと結構凸凹があるんですよねー(;´∀`)

スーパーに買い物とか行って袋を置く場合、座席だと不便な事があるんですよ。

なので平らにできるのはありがたいです。

しかも、結構荷物置く事が出来ますよ。

引用:ジムニー公式サイト

新型ジムニーシエラの燃費、内装、エンジンのまとめ

新型ジムニーシエラの燃費や内装、エンジンについてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

コレを気に入る気に入らないは人それぞれだと思いますが、先代のジムニーシエラと比べて確実に進化していると私は感じていますので、車を乗り換えようと思っていてジムニーシエラも候補にあるのなら迷わず私は推しますよ!

新型ジムニーがほしい!

新型のジムニーってカッコ良いですよね!

シエラも最高!!

ピカピカのジムニーで街を走るだけじゃなく、山に川に出かけてグイグイ走らせたい!!

あんな凸凹の道もジムニーなら楽々走れちゃいます!!

※画像

高性能なエンジンでどんな険しい道だって

ドンドンいっちゃいます!

どんな悪路でも対応できますよ。

ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトにトランスファーレバーで操作!

パートタイム4WDの威力を発揮します!!!!

こいつと一緒なら悪路もエンジョイ!

今までのジムニーも良かったのですが、更に感動モノに高性能なのが新型のジムニーです。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • ほしいけどけっこう高いっ・・・
  • 頭金も無いし・・・
  • ボーナス払いも・・・なし・・・
  • 値引き交渉ってムリ・・・
  • そもそも対人恐怖症だよ・・・
  • ディーラーを幾つも回るのも・・・
  • ディーラーってしつこいし・・・
  • 最安値じゃないと納得できない

などなど、悩みは尽きません・・・

 

ジムニーの情報をネット検索や
友人に尋ねても、
教えてくれるのは車の性能だけ…

費用を安くする方法なんて、だぁーれも教えてくれません。

家族にちょっと相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえません。

 

下取りより買取!

私の8年乗った車、
ディーラーの下取り価格では、
他社からの乗り換えだから
とおまけがあり、
10万円でした。

;∀;)・・・

新車の値引きの方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方なんです!
「もうちょっとお願い!」
とは言えなかったのです。

ここで、いったん保留にしました。

 

でも!
なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円

も安くなったのです!

もちろんおかげで最上位グレードで
オプションだらけ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額にしたい方!

あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!