下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

 

ジムニーで夫婦2人で車中泊旅をしたい!

ジムニーをまだ買っていなくて車中泊目的で買おうか検討中と言う方もいると思います。

その方へお伝えするとジムニーで2人の車中泊ってハッキリ言って狭いです。

しかし、狭いながらも快適に車中泊をできる方法は存在します。

なので、今回は2人だと狭い理由と共にそれを解決する方法についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ジムニーの車中泊は2人だと狭い理由はサイズを見ると納得

ジムニーは2人での車中泊では狭いというのはサイズを見て頂くと納得して頂けると思います。

ジムニーの車内サイズは以下の通り。

室内長 1,795mm
室内幅 1,300mm
室内高 1,200mm

特に注目するべきは室内幅です。

 

平均的な人間の肩幅は男性で約44~46cm、女性で36~39cmとなります。

二人並んで寝るとなると90cmくらいの幅が最低でもいる訳です。

遊びは40cmだけなのですが、たった40cmじゃ寝返りもうてません。

 

また、室内長も約180cmとなるので、身長180cmを超える方だと足を伸ばして寝る事ができません。

それに日本人の平均身長は男性で170.7cm、女性で158cmとなるのでそれから考えると狭いと言わざるを得ないと思います。

もちろん、1人だけで車中泊をするのであれば快適に過ごせるでしょう。

スポンサードリンク

2人でジムニーで車中泊を快適にするには・・・

ジムニーのサイズに関してはいかにカスタムが得意な人でも変える事はできないでしょう。

そんな事ができるなら私が知りたいくらいです。

 

なので、2人での車中泊で可能な限り快適にしようとするのなら寝床を可能な限り平らにする事です。

ジムニーはご存知の様にSUV目的で作られているので後部座席は倒してラゲッジルームにする事ができますし、運転席、助手席も倒してしまえばフルフラットにする事もできます。

でも、そのフルフラットというのは単に平っぽくなったというだけであって凸凹だらけなんですよね。

この凸凹があるせいでジムニーの車内で寝ようと思っても身体に無理がかかってしまって快眠する事なんかできません。

 

ネット上を見てみると30分くらいしか寝る事ができないなんて人もいました。

まともに寝るのであればせめて5~6時間くらいは睡眠時間を確保したいですよね。

 

と、いう事で次からジムニーの車内をできるだけ平らにする方法をお伝えします。

ジムニーの車内をできるだけ平らにする方法

手軽に平に近くするならエアマットを利用する

手っ取り早く手間をかけずに平らに近い状態にしたいという方であれば車中泊用エアマットを利用する事ですね。

ジムニーは超人気車種ですし、日本を代表するSUVですから車中泊用のグッズもあちこちのメーカーから販売されています。

そんな中で私がおすすめするのはこちらのマット。

FIELDOORというメーカーの車中泊用のマットです。

上記の様にマットを敷く事ができるのですが、コレを使う事で凸凹を減らす事ができます。

ウレタン素材ですので肌触りもいいですしね。

7,680円するのですので車中泊をするなら他の物は後でいいとしてもマットくらいは良い物を買っておいた方がいいですよ。

マットを使うだけでも寝心地は大分変りますから。

⇒Amazonで車中泊マットをチェックする

しっかりとフラットにするならクッションを利用する

上記のエアマットを使ったとしてもまだまだ不十分。

エアマット自体が凸凹に挟まったりするのでベッドで寝る様な感覚からは程遠いです。

既にジムニー乗りの中にはマットは使っているよ!という方もいるでしょう。

 

そんな方におすすめなのがクッション使って段差を埋めるという方法です。

新型のジムニーだと荷室の段差はほぼ無くなりましたが、それでも前シート部分に関してはまだ凸凹があります。

この前シート部分の凹んでいる部分にクッションを噛ませて段差をなくせばいいんです。

メーカー側もその辺はわかっているので、以下の様な商品を販売しています。

これは車中泊用の段差解消マットとなっていて、フルフラットにした時の凹み部分、ジムニーで言うと、前座席のシート部分に噛ませて段差を無くすためのクッションです。

上記の様に段差を無くしたうえで車中泊用のマットを使えばかなり快適な車内になりますよ。

ちなみにこのマットはブラームスというメーカーのクッションで5,378円でした。

 

ちょっと高く感じるかもしれませんが、ジムニーの純正アクセサリーで似たような商品が出れば1万円以上はすると思いますし、一度買ったら早々買い替えるものでもありません。

車中泊を頻繁にするのであれば買っておいて損はないと思いますよ。

⇒Amazonで車中泊用段差解消マットをチェックする

凄い人は板を利用していた

結構ビックリしたのですが、完全フラットにする為に人によってはホームセンターで売っているベニヤ板を利用している方もいました。

先代ジムニーのJB23型なのですが、ラゲッジルーム後部は段差になるので以下の様にベニヤ板を敷いています。


引用:https://teppan.blog.so-net.ne.jp/2012-05-17

シート部分は現行ジムニーよりは平らに近いので単純にベニヤ板を敷いただけの状態です。


引用:https://teppan.blog.so-net.ne.jp/2012-05-17

こうする事で以下の様に、ほぼ完全なフラット状態を作る事ができます。


引用:https://teppan.blog.so-net.ne.jp/2012-05-17

このベニヤ板の上に車中泊マットを敷けばほぼ段差を気にする事は無くなるでしょう。


引用:https://teppan.blog.so-net.ne.jp/2012-05-17

てか、初めてこれを見た時はここまでやるのか!スゴイΣ(゚Д゚)って思いましたよ。

現行のジムニーやJB23型よりも前のジムニーに乗っている方はフルフラットにした時にどこが凹んでいるのかを確認してそれを埋める様に応用していきましょう。

新型ジムニーがほしい!

新型のジムニーってカッコ良いですよね!

シエラも最高!!

ピカピカのジムニーで街を走るだけじゃなく、山に川に出かけてグイグイ走らせたい!!

あんな凸凹の道もジムニーなら楽々走れちゃいます!!

※画像

高性能なエンジンでどんな険しい道だって

ドンドンいっちゃいます!

どんな悪路でも対応できますよ。

ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトにトランスファーレバーで操作!

パートタイム4WDの威力を発揮します!!!!

こいつと一緒なら悪路もエンジョイ!

今までのジムニーも良かったのですが、更に感動モノに高性能なのが新型のジムニーです。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • ほしいけどけっこう高いっ・・・
  • 頭金も無いし・・・
  • ボーナス払いも・・・なし・・・
  • 値引き交渉ってムリ・・・
  • そもそも対人恐怖症だよ・・・
  • ディーラーを幾つも回るのも・・・
  • ディーラーってしつこいし・・・
  • 最安値じゃないと納得できない

などなど、悩みは尽きません・・・

 

ジムニーの情報をネット検索や
友人に尋ねても、
教えてくれるのは車の性能だけ…

費用を安くする方法なんて、だぁーれも教えてくれません。

家族にちょっと相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえません。

 

下取りより買取!

私の8年乗った車、
ディーラーの下取り価格では、
他社からの乗り換えだから
とおまけがあり、
10万円でした。

;∀;)・・・

新車の値引きの方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方なんです!
「もうちょっとお願い!」
とは言えなかったのです。

ここで、いったん保留にしました。

 

でも!
なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円

も安くなったのです!

もちろんおかげで最上位グレードで
オプションだらけ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額にしたい方!

あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!