下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

 

ジムニーを安く買う方法、限界値引きを引き出すにはどうしたらいいのか?

そんな風に思っている方も少なくないと思います。

 

しかし、値引きの仕方なんてわからない・・・ジムニーを安く買う方法なんて何があるの?という方はこの記事を読んでからディーラーに行く事で自分でもびっくりするような値引きができるかもしれません。

知っておいて損はないと思いますので気になる方はこのまま読み進めて下さい。

スポンサードリンク

ジムニーを安く買うなら時期を見極めろ

新車は2月~3月は決算値引きで安くなる

ジムニーに限った話ではありませんが、新車が1年で最も安くなる時期というのは2月~3月になります。

この時期になると車会社はどこも決算期なんですよ。

その為、どの会社も力を入れて車を売り込みます。

 

実際、1年間を通して最も車の販売台数が伸びるのは3月です。

これが他の業界だったらボーナス時期だったりするんですけど、高額商品である車は3月の決算期に力を入れて値引きしてくるので最も売れる時期となります。

2~3月に安くなる理由

なんで、この時期に安くなるのかというと各販売店にはメーカーと決めたノルマ他社が販売してきた車の割合を示すシェアというのがあります。

車会社も儲けを出すために車を売っている訳ですが、闇雲に販売している訳じゃなくてちゃんと目標販売台数というのを決めています。

その目標というのは前年の実績やメーカーが行った対策によってはじき出されるため、達成できるかできないかのギリギリのラインになったりします。

 

達成できれば問題ないですし、むしろ親会社からボーナスとかがもらえるので良いですけど反対に達成できなかったらペナルティがあったりするので、ディーラーからすると何が何でも達成したいと思う訳です。

 

既にノルマを達成しているにしても、まだ達成していないにしても最後の駆け込みで1台でも売ってやる!という気持ちになるので大安売りをかける訳です。

 

以上の理由から3月はジムニーの新車が最も安く買う事の出来る時期というのがご理解いただけます。

ノルマ未達成の営業マンと月末を狙い撃ち

同じ3月でも更に安く買う事の出来るタイミングというのが存在します。

先程お伝えした通り、3月が安い理由というのはノルマがあるからだとご説明しました。

しかし、ノルマの締切は3月31日です。

 

つまり月初だとまだ余裕があるんですよ。

 

そもそも営業マンの成績というのは月末に締めて翌月の月初に営業成績を本社に報告します。

 

そこで販売ノルマに達成していない営業マンがいると・・・

困惑上司

なんで彼(彼女)はノルマが達成できていないんだ?

と突っつかれてしまいます。

 

そうなるとインセンティブが下げられたりするので安売りしても売ろうとします。

だから狙うなら月末です。

 

とは言え、他の商品と違って高額商品である車は1回の交渉で買う人はほとんどいません。

複数回行くのが普通ですから1回目のディーラー訪問を31日にするのは止めておきましょう。

時間が足りなさすぎますよ(;´∀`)

 

どれくらい前までにというと、商談開始日を3月の上旬までにしておきたいので2月にはある程度の目星を付けておいて下さいね。

スポンサードリンク

ジムニーを安く買うための交渉術

謙虚の姿勢を忘れずに

まずは交渉に臨む時の心構えです。

交渉の相手は敵ではありません。味方です。

 

よく、こんな人いますよね。

上から目線

俺は客なんだから言う事はなんでも聞くもんだろ?
金払ってるんだから

こんな態度が丸見えの人がいますけど、あの態度は損しますよ。

 

営業マンだって人間です。

横柄な態度を取る人はムカつくんですよ。

もちろん、客商売ですから表面上はそんな態度は出さないでしょう。

 

しかし、なんとか頑張って上司と掛け合って値引きを引き出そうとはしません。

つまり必要以上の事はしなくなるんです。

 

反対に仲の良いお客さん、良いお客さんだったらもう一声、なんとか頑張って希望する車を回してあげようとするんです。

もしくは値引きが引き出せない代わりにアクセサリーをもう1品追加するとかもあります。

 

だから横柄な態度を取るというのは百害あって一利なしです。

ライバル車を比較対象に出す

値引きをする、安く買うためには単純に「安くしてください!」と言っても安くはなりません。

何故なら「もう十分安いですよ!」と言われてしまったらどうしようもないからです。

 

だからこそ必要になるのが比較対象。

比較対象があるからこそ「あっちが安い」「こっちは高い」と言う事ができるんですから。

 

しかし、一口に車と言っても様々な用途に分かれます。

2シーターのスポーツカーとミニバンとでは明らかに用途が違うというのはご理解いただけると思います。

 

ではジムニーの比較対象となるライバル車は何になるのかご紹介します。

ハスラー(スズキ)


引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

同じスズキから発売されているハスラーです。

「遊べる軽」をコンセプトにしていて選べる色が豊富で遊び車の代表格と言えるでしょう。

走行性能という面で見たらジムニーに軍配が上がりますが、燃費や手軽さという面ではハスラーの方が良いです。

やや毛色が違う面が無くはないですが、ジャンルを分けるとしたら同じSUVのカテゴリに属する事になります。

スペーシアギア(スズキ)


引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/detail/

こちらも同じくスズキの車です。

大人気のスペーシアのSUV版として2019年に発売されたスペーシアギア。

こちらも遊び心にあふれる車として人気が高まっています。

これも同じ軽自動車SUVのカテゴリに属するので比較対象として良いでしょう。

世間でどんな評判なのか知りたい方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

⇒スペーシアギアの口コミ 評価 評判まとめ

アクティバ(ダイハツ)


引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/03_exterior.htm

その名が示す通りアクティブさを売りにした車です。

ハスラーとよく似ていて2トーンカラーを基調に遊び心をにあふれた車です。

ジムニーのライバルというよりはハスラーの方に近いのですが、ハスラーがライバルならアクティバもライバルだろと思ってご紹介しました。

自分に決定権がない事をアピールする

ディーラーからするとできるだけ早くハンコを押してもらって契約してもらいたいものです。

あと一歩あと一歩と思う所まで来ていてもいきなり心変わりで白紙に戻る事もあるのが車購入ですからね。

 

だから契約直前になると「今契約してくれたらこの価格にいたします。」なんて事を言ってくることがあります。

しかし、この時にまだ悩んだままハンコを押してしまうともう取り返しが効かず、後になって後悔してしまう事があるんですよ。

でも営業マンの圧力も半端ない・・・どうしよう・・・。

 

そんな時に有効なのが決定権が自分に無い事をアピールする方法です。

結婚している方なら奥さんが金銭管理をしているという家庭は多いでしょう。

いや、仮にそうでなかったとしても奥さんが金銭管理をしている事にして「奥さんの許可がないとダメなんでいったん電話しますね。」と言えばいいんです。

持ち帰っても良いでしょう。

 

その後、「もう少し安い○○円なら買ってもOKって事なんですが何とかなりませんか?」と切りだせば効果的です。

 

「ハンコを押す」という行為は営業マンからしたらゴールなので最後の一押しとして使えると思います。

もちろん、そこまでの値引き交渉で限界まで値引きしまくってたら無理でしょうけどね。

値引きできないならオマケを付けてもらう

色んな交渉をして行っても値引きしきれない、もう限界って事もあります。

どんなに値引きしてもらっても限界があるのは当然です。

原価割れしてまで物売れませんからね。

 

そこで有効なのがオプションパーツ。いわゆるアクセサリーですね。

ジムニーにも純正アクセサリーがあって、カタログもしっかりとあります。

値段もピンキリですが万単位のアクセサリーは無理でしょうが、数千円のアクセサリーなら何とかなる可能性があります。

 

デコステッカーとかエンブレムくらいなら5000円にも満たないので、その辺りを狙い目にしてみるのも良いでしょう。


引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/jimny/jimny.pdf

ジムニーを安く買うなら準備を怠るな

今の愛車を買取査定に出す

多くの方が新しくジムニーを買ったら今乗っている車は下取りに出す事でしょう。

しかし、一般的に下取りは手間はかかりませんが買取金額はものすごく安いです。

車種にもよりますが数十万円違う事もザラです。

 

しかし、下取りの金額だけしか知らないと本当の価値を知らないまま下取りに出してしまってその数十万円を損する事になります。

これではいくら値引きを頑張ったとしても意味がありません。

 

そこで準備段階としてやっておくべき事が買取一括査定で査定額を知っておくという事です。

買取一括査定だと複数の買取業者が競って買取額を釣り上げていくので本当の自分の愛車の価値がわかります。

以下の買取一括査定のサイトだと1分程度の項目入力で愛車の概算価格がわかるのであらかじめ買取金額を調べておきましょう。

⇒買取一括査定で愛車の価値を無料で調べる

もちろん、無料で使えるので安心してください。

ライバル車の情報を調べておく

先ほどご紹介したハスラー、スペーシアギア、アクティバの情報もディーラーへ行く前に調べておきましょう。

価格、値引き額、アクセサリー、装備内容etc…。

最低限、金額は知っておかないと比較もできません。

ディーラーに行ってから調べるなんて時間がありませんからディーラーに行く前にあらかじめ調べておいてスムーズに交渉できるようにしておいてください。

販売店の情報を調べておく

販売店は実はそれぞれが独立採算でやっています。

その為、ジムニーの定価は変わらなくてもできる値引き額は変わってきます。

 

その為、同じジムニーでも販売店同士で比較する事ができます。

特に近くに同じスズキ系列のお店がある場合は絶対に意識しているハズですし、近ければ両方行って交渉するなんてことも可能です。

ですからどこにスズキの販売店があるかを確認しておきましょう。

調べるのはこちらからできます。

ジムニーを安く買う方法まとめ

ジムニーを安く買う方法、値引き交渉についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。

これらを行ったとしても必ず安く買う事ができると言う訳ではありませんが、やらないよりは安くなると思います。

 

これからジムニーを買おうと思っている方は参考にして下さい。

新型ジムニーがほしい!

新型のジムニーってカッコ良いですよね!

シエラも最高!!

ピカピカのジムニーで街を走るだけじゃなく、山に川に出かけてグイグイ走らせたい!!

あんな凸凹の道もジムニーなら楽々走れちゃいます!!

※画像

高性能なエンジンでどんな険しい道だって

ドンドンいっちゃいます!

どんな悪路でも対応できますよ。

ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトにトランスファーレバーで操作!

パートタイム4WDの威力を発揮します!!!!

こいつと一緒なら悪路もエンジョイ!

今までのジムニーも良かったのですが、更に感動モノに高性能なのが新型のジムニーです。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • ほしいけどけっこう高いっ・・・
  • 頭金も無いし・・・
  • ボーナス払いも・・・なし・・・
  • 値引き交渉ってムリ・・・
  • そもそも対人恐怖症だよ・・・
  • ディーラーを幾つも回るのも・・・
  • ディーラーってしつこいし・・・
  • 最安値じゃないと納得できない

などなど、悩みは尽きません・・・

 

ジムニーの情報をネット検索や
友人に尋ねても、
教えてくれるのは車の性能だけ…

費用を安くする方法なんて、だぁーれも教えてくれません。

家族にちょっと相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえません。

 

下取りより買取!

私の8年乗った車、
ディーラーの下取り価格では、
他社からの乗り換えだから
とおまけがあり、
10万円でした。

;∀;)・・・

新車の値引きの方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方なんです!
「もうちょっとお願い!」
とは言えなかったのです。

ここで、いったん保留にしました。

 

でも!
なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円

も安くなったのです!

もちろんおかげで最上位グレードで
オプションだらけ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額にしたい方!

あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!