下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

 

スズキジムニーの5ドアロングモデルが発売されるのではないか?と噂されていますね。

しかし、ジムニーって現行モデルですら供給が追いついておらず、納期がかなり長いと有名ですよね。

そんな状況でどうやって5ドアロングモデルなんて作るの?と疑問に思うでしょうし、そもそも発売できるの?と思うと思います。

なので、今回は

  • ジムニー5ドアロングモデルの噂について
  • ジムニー5ドアの発売はいつになるの?
  • ジムニー5ドアの生産工場はタイになるという噂
  • ジムニー5ドアの価格予想
  • ジムニー5ドアのスペック予想

についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ジムニー 5ドアロングモデルの噂

ジムニーの5ドアロングモデルが出るんじゃないかと噂がネット上で駆け巡っています。

 

Twitterなんかを見るとその噂についてのつぶやきが結構見られます。

でも、なんでこんな噂があるんだろう?と思って調べてみたら新型ジムニーが20年ぶりのフルモデルチェンジをした際の発表会で鈴木俊宏社長がこんな事を言っていたんですね。

鈴木俊宏社長
まずは3ドアでいきますが、おいおい市場の声も聞きながら検討していきたい

この発言を見ると「今後、5ドアモデルを考えています!」って言っている様に聞こえます。

この発言がキッカケとなってネット上では新型ジムニーの5ドアロングモデルver.が出るんじゃないかと言われる様になったわけです。

 

需要があるから供給をするというのはビジネスをする上で至って普通の流れなので、ジムニーの5ドアモデルが発売されるのは間違いないのかなと思います。

スポンサードリンク

ジムニー 5ドアの発売は2019年 or 2020年のどちらになるか

5ドアロングモデルの新型ジムニーが実際に発売されるとして、今度気になるのはいつ発売になるのか?という事。

 

これは私は2020年以降の話だと思っています。

理由としては今現在の新型ジムニーの生産状況とフルモデルチェンジのタイミングから考察したものです。

 

新型ジムニーは2018年にフルモデルチェンジしたばかりのスズキの中でも比較的新しいモデル。

2019年に5ドアロングモデルが出るとしてもこんなに短いスパンで5ドアロングモデルを開発して売るか?という疑問があるんですよ。

私はさすがに期間が短すぎて難しいと思います。

 

それに、5ドアにする事でジムニーのサイズはガラリと変わる事になります。

サイズが大きくなればそれだけ車重も増えますから重くなったらよりエンジンパワーがないと悪路走破性が落ちます。

軽自動車ですからエンジンのパワーを上げるのには限界があるはずですし、5ドアにしても現行の3ドアジムニーの悪路走破性と変わらない様にするには工夫が必要になるでしょう。

その為の企画、生産、テストを繰り返す必要がある為、まだ時間が必要なんじゃないかと私は思います。

 

ですから2019年中に発売するのは非現実的ですし、なんなら2020年中にも間に合わないのではないかと思っています。

ジムニー 5ドアの新型はタイで生産される

ジムニー5ドアロングモデルはタイで生産されるのではないか?と言われています。

なぜタイなのか?と言うと、それはジムニーとジムニーシエラの日本での生産ラインがパンク状態だからです。

 

現在のジムニーとジムニーシエラは静岡県の湖西工場という所でのみ生産されています。

しかし、フルモデルチェンジで新型になって月間の目標台数を大きく超える売れ行きを見せています。

その結果、納期が半年~1年前後かかる程になっている事から、生産が追い付いていないと言うのが今のジムニーの状況です。

 

これに対してスズキ自動車も生産ラインを増強して頑張っているのですが、結局まだ根本的な解決になってはおらず、相変わらず10ヶ月くらいかかる~なんて方も多いです。

この様な状況で更に新しいジムニー5ドアとかを出せるはずがありませんよね。

この解決策としてパンク状態にある日本での生産ではなくて、設備を拡充しているタイの工場でジムニー5ドアは作られるのではないかと言われているんです。

 

これが実現するのなら通常のジムニー、ジムニーシエラの生産ラインを確保しつつ、ジムニー5ドアロングモデルをリリースする事も可能ですね。

それに5ドアの需要は日本にもありますが、それよりも海外の方が多いと聞きますから作ってすぐに販売できる海外に生産の基盤を置くというのは理にかなっています。

 

タイの工場の設備が充実したらこの予想は実現しそうな気がします。

もしくは経済成長が著しく、悪路走破性が活きる地域が近いインドの工場で生産されるかもしれませんね。

ジムニー 5ドア 価格を予想する

ジムニー5ドアロングモデルは価格の予想ですが、210万円~240万円とネット上では言われています。

現行のジムニーとジムニーシエラの価格と比較してみましょう。

車種 価格
ジムニー5ドア 210万円~240万円(予想)
ジムニー 145.8万円~184.1万円
ジムニーシエラ 176万円~201.9万円

ジムニーシエラと比べても約40万円近い上がり幅になっていますね。

随分高くなるなぁと言うのが本音です。

 

ジムニー5ドアロングモデルはサイズも車重も重くなるのは目に見えているのでもう軽自動車の660㏄で賄うのはさすがに無理でしょう。

なので、ジムニーはあまり比較対象にはならないかもしれません。

 

そうなるとジムニーシエラと比べる事になるのですが、ジムニーシエラとの比較でもかなり高くなるので、それだけ5ドアで同じだけの悪路走破性を確保するのが難しいのかもしれません。

ジムニー5ドアのスペックはどうなる

ジムニー5ドアのベース車両になるのはもちろんジムニーシエラになるでしょう。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/

このジムニーシエラのボディを延長させて5ドアにさせる物だと思われます。

予想のスペックは以下の通り

全長 3900㎜
全幅 1645㎜
全幅 1730㎜
最低地上高 210㎜
車重 1150㎏

タテもヨコも結構大きくなる感じだと思って下さい。

しかし、これだけ大きくなると剛性の確保が難しくなります。

 

現行のジムニー、ジムニーシエラは剛性の確保の為に新開発のラダーフレームを採用しています。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

これを改良させて5ドアモデルでも耐えうる様なフレームにして現行のジムニーシエラと同じだけの悪路走破性を確保してくるのではないかと思われます。

 

デザインに関しては新型ジムニーの温故知新なデザインが非常に好評なのでそのまま踏襲されると思います。

角型のボディデザインですので室内空間を確保しやすいというメリットもありますし、採用しない手はないハズです。

また、全長が伸びる事でホイールベースも長くなるので直進安定性が増し、高速走行時も安定した走りができる様になると思います。

ジムニー 5ドア出るなら予約は早め

ジムニー5ドアが正式に発売されると発表されたらすぐに注目を浴びる事でしょう。

元々、ジムニー5ドアの需要は日本国内でもかなりありました。

 

実際の走行はどうなるかわかりませんが、結構な人気の車種になるのは間違いないでしょう。

そうなると予約も殺到するはずです。

 

今回の新型ジムニー、ジムニーシエラも当初は3年待ちとか言われていて「どこの高級スポーツカーだよ!」とツッコミを入れたくなるような状況になったわけです。

同じ轍を踏まない為にも早め早めに予約するのがベストでしょう。

 

ちなみに今回のジムニー、ジムニーシエラの発売は2018年8月5日。

それより1ヶ月前の事前予約の7月8日に注文した方ですら納期は約半年後の2019年1月19日だったわけです。

事前予約ですら半年待ちになるという事例から5ドアモデルもこれくらい待つのを覚悟しなければならないかもしれませんね。

新型ジムニー5ドアロングモデルまとめ

新型ジムニー5ドアロングモデルについて現時点での情報をまとめ、そこから私なりに予想、考察してみました。

いくつかクリアしなければならない問題はあるにしても日本屈指のSUVの5ドアモデルがリリースされるなら楽しみです。

新しい情報が追加されたらまた追記していきますね。

新型ジムニーがほしい!

新型のジムニーってカッコ良いですよね!

シエラも最高!!

ピカピカのジムニーで街を走るだけじゃなく、山に川に出かけてグイグイ走らせたい!!

あんな凸凹の道もジムニーなら楽々走れちゃいます!!

※画像

高性能なエンジンでどんな険しい道だって

ドンドンいっちゃいます!

どんな悪路でも対応できますよ。

ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトにトランスファーレバーで操作!

パートタイム4WDの威力を発揮します!!!!

こいつと一緒なら悪路もエンジョイ!

今までのジムニーも良かったのですが、更に感動モノに高性能なのが新型のジムニーです。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • ほしいけどけっこう高いっ・・・
  • 頭金も無いし・・・
  • ボーナス払いも・・・なし・・・
  • 値引き交渉ってムリ・・・
  • そもそも対人恐怖症だよ・・・
  • ディーラーを幾つも回るのも・・・
  • ディーラーってしつこいし・・・
  • 最安値じゃないと納得できない

などなど、悩みは尽きません・・・

 

ジムニーの情報をネット検索や
友人に尋ねても、
教えてくれるのは車の性能だけ…

費用を安くする方法なんて、だぁーれも教えてくれません。

家族にちょっと相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえません。

 

下取りより買取!

私の8年乗った車、
ディーラーの下取り価格では、
他社からの乗り換えだから
とおまけがあり、
10万円でした。

;∀;)・・・

新車の値引きの方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方なんです!
「もうちょっとお願い!」
とは言えなかったのです。

ここで、いったん保留にしました。

 

でも!
なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円

も安くなったのです!

もちろんおかげで最上位グレードで
オプションだらけ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額にしたい方!

あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!