下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

 

ジムニーハスラー、共にスズキを代表する軽自動車となったこの2台ですが、この2台のどちらを購入すべきなのか?と悩んでいる方いませんか?

人によって重要視する点は違うと思いますので、この2台の違いを比較していきますので、迷う方はこの記事を見て参考にして見て下さい。

スポンサードリンク

ジムニーとハスラーの違いを比較した

ボディサイズの違い

【ジムニー】

全長 3,395㎜
全幅 1,475㎜
全高 1,725㎜

【ハスラー】

全長 3,395㎜
全幅 1,475㎜
全高 1,665㎜

全長と全幅に関しては2台とも全く変わりません。

なので車幅感覚などは2台とも基本的には運転感覚が変わることなく取り回しを取る事が出来ます。

しかし、それぞれの公式サイトを見てみるとジムニーは最小回転半径が4.8mなのに対してハスラーは4.6mとハスラーの方が小回りが利くように調整されています。

しかし、個人的には2台の運転感覚は似ているものであり、余程狭い道でもない限りそこまで0.2mの差は感じられませんでした。

 

違う点としてはジムニーの方が高さが高い事。

これはジムニーがハスラーよりも悪路走破性を高める事を見越して高くしていると思われます。

内装のデザインの違い

【ジムニー】

【ハスラー】

デザイン性の高さならハスラーの方に軍配が上がりますが、インパネ回りの色が樹脂でできているので色次第では太陽光などが反射していてちょっと使いづらく感じました。

しかし、樹脂でできている為デカールなどを貼ってカスタマイズのし甲斐があるのでより車を自分好みにアレンジしたいという方にとってはハスラーの方が良いでしょう。

 

一方、ジムニーの方はできるだけ光沢を抑えて傷がついても目立たない、汚れも目立ちにくいと言った感じでジムニーらしく武骨さが感じられる内装となっています。

この2台の内装は優劣ではなく、単なる違いですので人によって意見は分かれると思います。

 

ちなみに私はジムニー派です。

座席の座りやすさ、乗り降りのしやすさ

前席に関してはジムニーもハスラーも頭上の空間が広く、シートにも余裕を持たせたサイズとなっているのでどちらも快適に乗り降りができます。

その上でジムニーのシートの方が悪路を想定している為なのか、よりホールド感が強く、身体をしっかりと支えてくれる印象。

長距離ドライブに向いているのはジムニーのシートの方だと思います。

 

しかし、後部座席においてはそもそもジムニーは2ドアである為、後部座席に乗るためには助手席のシートを倒して乗りこまなくてはならない為、非常に乗り降りしにくいです。

更にシートに関しても足元のスペースが狭く、床と座面の距離も近い為、膝が浮き上がってしまい、座りにくいです。

 

ハスラーの方は足元のスペースの確保、床と座面の距離も余裕を持たせている為、座りやすく、そもそも4ドアなので乗り降りもしやすいです。

ドアの有無がそのまま示す通り、ジムニーは基本的には最大2人で乗る車、ハスラーは最大4人で乗る車を想定しているかどうかの差だと言えます。

前席はジムニーの勝利、後部座席はハスラーの勝利という感じです。

荷台を比較した

【ジムニー】

【ハスラー】

ジムニーもハスラーも共に後部座席を倒せば荷台に早変わりします。

しかし、荷台のスペースで見たらハスラーの方に軍配が上がります。

 

ハスラーの方がジムニーよりもボンネットが短い為、居住空間に差があり、結果として荷台が広くなると言う訳です。

その為、たくさん積めるという観点で見た場合、ハスラーの方が使い勝手は良いでしょう。

 

また、前述の通り、全高はジムニーの方が高いです。

その為、地面から荷台までの距離がハスラーの方が短く、荷物を大きく持ち上げる必要がないので出し入れがしやすいです。

 

荷台に関してはハスラーの勝利です。

【関連記事】

⇒ジムニー 買取相場と高額査定豆知識!専門店に売るべきか?

スポンサードリンク

ジムニーVSハスラー走行性能の違いを比較した

街乗り性能の違い

結論から言うとハスラーの勝利です。

ジムニーはあくまで悪路を走破するための車。

 

確かに新型ジムニーになって街乗り時の走行安定性は格段に良くなりました。

しかし、それでもハンドルを切った時の感覚はハスラーの方が機敏に感じました。

それは示したのが前述した最小回転半径の差につながるのでしょう。

また、直線においてもハスラーの方が車高が低く、ホイールベースも長い為、安定した走行になります。

なので、街乗りだけを考えるならハスラーの方が小回りが利いてくれます。

悪路走破性の違い

これは完全にジムニーの圧勝です。

ハスラーも確かにSUVのジャンルに位置する車ではありますが、走破性に関しては普通の軽自動車と大差はなく、S-エネチャージを搭載した燃費のいい軽自動車という感じです。

 

一方、ジムニーは新型になって従来のジムニーよりも更に走破性を高めています。

まずは伝統のラダーフレームを更に改良した新開発のラダーフレームを採用しています。

また、伝統サスペンションの3リンクリジッドアクスル式サスペンションを用いて、デコボコ道でも車体がが能な限り平行になる様な工夫がなされています。

更にブレーキLSDトラクションコントロールの採用によってタイヤが空転した際にブレーキを効かせて他のタイヤのトラクションを向上させてスリップしない様な工夫がなされています。

他にも多々ありますが、ジムニーに搭載されたシステムの全ては悪路をしっかりと走破する為に存在しています。

今回は比較対象がハスラーではありますが、他の車と比べても悪路走破性においてジムニーの右に出る車を探すのは簡単ではないでしょう。

乗り心地の違い

これは好みによって評価が変わりそうです。

前述の通り、ジムニーは3リンクリジッドアクスル式サスペンションを採用している為、サスペンションが非常に柔らかく、道路の凸凹もまるでないかの様に走行する事が出来ます。

更にノーマルタイヤは街乗りに適したタイヤなのでコテコテのオフロードタイヤと違い、変な乗り心地になる事もなく普通自動車の様な乗り心地が味わえます。

強いて言えば若干ロール(横揺れ)があるかなと感じますが、それも人によっては気にならない程度です。

 

一方ハスラーのサスペンションは硬めの設定となっていて路面状態が良く無いと50~60km/hで走行しているとガタガタとします。

また、タイヤの空気圧もハスラーの方が高く、高いと自転車のタイヤに空気を入れた直後みたいにガタガタしやすいです。

その為、ハスラーの方が全体的に乗り心地が固いと感じました。

 

私個人としてはジムニーの乗り心地の方が乗りやすいと感じました。

安全装備の違い

どちらの車もスズキの安全装備であるセーフティサポート標準車です。

なので、基本となる安全装備に差はないのですが、ジムニーの方がオフロードを走る事を想定=クラッシュになりやすいという事を考えて作られているのか、安全装備の種類が豊富です。

例えばジムニーはボディ全体が「TECT」と呼ばれる衝撃吸収&分散できるボディ構造を最小していたり、万が一の為に歩行者障害軽減ボディを採用しています。

更に大量のエアバッグに3点式シートベルト等々とにかく安全にこれでもかと配慮した装備がジムニーにはあります。

なので、安全装備に関してはジムニーの圧勝です。

ジムニーVSハスラー燃費の違いを比較した

【ジムニー】

5MT 16.2 km/L
4AT 13.2 km/L

【ハスラー】

2WD CVT車 32.0km/L
2WD CVT ターボ車 27.8km/L

一番高い燃費同士を比べてみるとハスラーの方が倍近く燃費が良いです。

昨今、ガソリン代も高いのでこれだけ差があるとかなりの金額の差が出てきます。

 

ジムニーの方は高い悪路走破性を実現するために昔ながらのATを採用しており、ハスラーの方は伝達効率のいいCVTを採用している為、ハスラーにもMTが採用されている物の、断然CVTの方が燃費が良いです。

また、ハスラーにはS-エネチャージが採用されていてハイブリッド車となっており、最もガソリンが消費される発進時を電気でサポートしてくれます。

と、いう事で燃費に関してはハスラーの圧勝です。

ジムニーVSハスラーの総合評価

結局どちらが良いのか?と言われたら私は引き分けと言います。

上記で散々上げてきた通り、ハスラーもジムニーも勝っている部分、強みが全く違います。

なので、万人が満足する明確な勝利というのはお伝えする事はできません。

燃費を最重要視するならハスラーになりますし、いざと言う時の走行性能を重視するならジムニーになりますから一長一短です。

なので、今回お伝えしたところを参考にしながら購入を検討して頂ければと思います。

 

【画像引用】

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/
http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

新型ジムニーがほしい!

新型のジムニーってカッコ良いですよね!

シエラも最高!!

ピカピカのジムニーで街を走るだけじゃなく、山に川に出かけてグイグイ走らせたい!!

あんな凸凹の道もジムニーなら楽々走れちゃいます!!

※画像

高性能なエンジンでどんな険しい道だって

ドンドンいっちゃいます!

どんな悪路でも対応できますよ。

ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトにトランスファーレバーで操作!

パートタイム4WDの威力を発揮します!!!!

こいつと一緒なら悪路もエンジョイ!

今までのジムニーも良かったのですが、更に感動モノに高性能なのが新型のジムニーです。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • ほしいけどけっこう高いっ・・・
  • 頭金も無いし・・・
  • ボーナス払いも・・・なし・・・
  • 値引き交渉ってムリ・・・
  • そもそも対人恐怖症だよ・・・
  • ディーラーを幾つも回るのも・・・
  • ディーラーってしつこいし・・・
  • 最安値じゃないと納得できない

などなど、悩みは尽きません・・・

 

ジムニーの情報をネット検索や
友人に尋ねても、
教えてくれるのは車の性能だけ…

費用を安くする方法なんて、だぁーれも教えてくれません。

家族にちょっと相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえません。

 

下取りより買取!

私の8年乗った車、
ディーラーの下取り価格では、
他社からの乗り換えだから
とおまけがあり、
10万円でした。

;∀;)・・・

新車の値引きの方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方なんです!
「もうちょっとお願い!」
とは言えなかったのです。

ここで、いったん保留にしました。

 

でも!
なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円

も安くなったのです!

もちろんおかげで最上位グレードで
オプションだらけ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額にしたい方!

あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!