下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

 

ジムニーシエラが欲しいは欲しいけど実際に評価ってどんな感じなの?

燃費とか悪路走破性とかデザインとか世間はどういう風に思っているんだろう?

 

購入を検討しているのなら気になる方がほとんどでしょう。

なので、そんな方の為に今回は新型ジムニーシエラの口コミ、評価をまとめてみました。

スポンサードリンク

ジムニーシエラの燃費に対する評価

ジムニーシエラのカタログ上の数字はこんな感じとなっています。

【5MTモデル】

基準モード(WLTC) 15.0㎞/l
市街地モード(WLTC-L) 12.8㎞/l
郊外モード(WLTC-M) 15.8㎞/l
高速道路モード(WLTC-H) 15.9㎞/l

 

【4MTモデル】

基準モード(WLTC 13.6㎞/l
市街地モード(WLTC-L) 11.2㎞/l
郊外モード(WLTC-M) 14.7㎞/l
高速道路モード(WLTC-H) 14.6㎞/l

細かい燃費データや考察、エンジンに関しては別記事で紹介しているのでそちらも参考にしていただけたら幸いです。

【参考記事】

⇒ジムニー シエラ 新型の燃費、内装、エンジンまとめ

 

このジムニーシエラの燃費を見たり、実際に乗ったりした口コミ評価をまとめるとこんな感じでした。

まずは良い意見から。

燃費に関する意見で「燃費は良い方だよね」という方の多くは比較対象がランドクルーザーやジープと言った他のSUV車と比べての評価でした。

確かにランクルあたりの燃費ってものすごく悪いですからね。

ランクルの燃費は平均で5~6㎞/lくらいですからそれと比べればジムニーシエラは倍走る計算になりますから燃費が良いと評価されるのはある意味当然だと思います。

 

では悪い意見はどんな感じなのでしょうか?

燃費が悪いという意見では比較対象になる車は明言されていないものの、恐らくコンパクトカーあたりと比べているのではないかと思います。

つまりデミオ、アクア、フィット、ノートと言ったあたりですね。

 

最近はコンパクトカーにも下記のアクアクロスオーバーの様にSUV仕様のデザインが次々と発表される様になりましたが、基本的にコンパクトカーは燃費がめちゃくちゃ良い車になりますからね。

引用:https://matome.response.jp/articles/1167

試しにトヨタ・アクアの燃費を調べてみたのですが、なんと34.4㎞/lという燃費を叩き出していました。

確かにこの燃費でしたらジムニーシエラのリッターあたり10㎞ちょっとというのは燃費が悪く感じますよね。

 

この様に他のSUV車と比べれば燃費が良い、コンパクトカーと比べれば燃費は悪いという風に比較対象によって口コミ評価が変わっていましたね。

見方が変われば評価が変わるという典型例の様な気がしましたよ。

スポンサードリンク

ジムニーシエラの走破性に対する評価

新型ジムニーシエラって先代と比べて色んな部分が刷新され悪路走破性が高まる様に変更されました。

具体的に言えばラダーフレームとエンジンが刷新されたりトラクションコントロールを標準装備にしたりですね。

この辺りの細かい解説は以下の記事でご説明していますのでそちらを参考にして下さい。

⇒ジムニー シエラ 新型の燃費、内装、エンジンまとめ

 

一言で言えば走破性が上がっているので基本的には評価は良好でした。

まだ発売されて間もない車ですのでガンガン砂利道を走れる度胸のある方が羨ましいですよ。

悪路走破性が高かろうとなんだろうと飛び石とかで車体に傷が付くのは避けられないですからね。

でも、悪路走行こそジムニーらしさでもあるので皆さんも買った際には一度は走らせてあげて下さいね。

ジムニーシエラのデザインに対する口コミ評価

新型ジムニーシエラはジムニーとデザイン自体はほどんど変わりません。

なので、ジムニーシエラ単独のデザインに対する評価はあまり見られませんでした。

 

しかし、ジムニーもジムニーシエラも先代モデルと比べたら大きく外見が変わっており、いわゆる原点回帰されたデザインですよね。

この全体のデザインに対しては基本的には好評でした。

 

品薄になるほどの売上が示している通り、あの「角張ったデザインが好み」だとか「初代に近くなったのでこれぞジムニー!」という感じの意見が見られました。

また、初代のジムニーに近いデザインになったという事で昔のジープのチェロキーみたいだという意見もありました。

 

この口コミを見た時に

「昔のジープチェロキーってどんな感じだったっけ?」

って思ったので画像を探してみたらこんな感じでした。

引用:http://www.amesha.biz/item.asp?seiri=4944

確かに顔回りの部分とかスクエア型のデザインとかよく似ていますね。

この時代のSUVかっこよかったなーと思うのは私が年を取ったからでしょうか(笑)

 

反対に悪い意見は何かないのかな?と思ったらこんな感じの意見も見られましたね。

私の好みじゃなくて良かったと思ってます。
JB23のデザインのほうが好みで、10型を2014年に買いましたが、その際に2018年に新型が出るのは確定してました。

しかしながら新型が必ずしも良いとかは限らないし軽自動車税アップ寸前ということもありJB23買いました。

結果的に今度のは好みでは無いので良かったです。このままJB23に乗り続けられます。

ああ・・・まあこういう意見もありますよね。

先代のデザインは先代で違った良さがあります。

 

原点回帰してTHE・オフロードという感じになった新型に比べて先代のデザインは街中でも馴染むようなデザインになっていますからね。

どっちがいいか悪いかではなく違いがあるだけなのでこういう意見があるのも納得できますね。

 

後は細かい点で言えばフェンダーについての意見もありましたね。

このフェンダーがかなり好評になっています。

私もこのフェンダー部分に関してはかなり好きで、アクセントとなってジムニーのデザインを更に引き締めている様に思えます。

過去モデルを見てみてもここまでハッキリとしたフェンダーはありませんでしたからね。

 

ちなみに先代のジムニーシエラはこんな感じでした。

引用:http://car-moby.jp/313424

まあ、こうやって見比べてみると正確に言えばフェンダーはあったんですけど、あまり目立っていなかったという感じですね。

ジムニーシエラの口コミ評価まとめ

ジムニーシエラの口コミ評価をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

長所と短所様々ありますが、やはり乗っていて楽しい車なのは間違いありません。

迷っているのなら買って損はない車だと私も思いますよ。

新型ジムニーがほしい!

新型のジムニーってカッコ良いですよね!

シエラも最高!!

ピカピカのジムニーで街を走るだけじゃなく、山に川に出かけてグイグイ走らせたい!!

あんな凸凹の道もジムニーなら楽々走れちゃいます!!

※画像

高性能なエンジンでどんな険しい道だって

ドンドンいっちゃいます!

どんな悪路でも対応できますよ。

ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトにトランスファーレバーで操作!

パートタイム4WDの威力を発揮します!!!!

こいつと一緒なら悪路もエンジョイ!

今までのジムニーも良かったのですが、更に感動モノに高性能なのが新型のジムニーです。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • ほしいけどけっこう高いっ・・・
  • 頭金も無いし・・・
  • ボーナス払いも・・・なし・・・
  • 値引き交渉ってムリ・・・
  • そもそも対人恐怖症だよ・・・
  • ディーラーを幾つも回るのも・・・
  • ディーラーってしつこいし・・・
  • 最安値じゃないと納得できない

などなど、悩みは尽きません・・・

 

ジムニーの情報をネット検索や
友人に尋ねても、
教えてくれるのは車の性能だけ…

費用を安くする方法なんて、だぁーれも教えてくれません。

家族にちょっと相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえません。

 

下取りより買取!

私の8年乗った車、
ディーラーの下取り価格では、
他社からの乗り換えだから
とおまけがあり、
10万円でした。

;∀;)・・・

新車の値引きの方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方なんです!
「もうちょっとお願い!」
とは言えなかったのです。

ここで、いったん保留にしました。

 

でも!
なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円

も安くなったのです!

もちろんおかげで最上位グレードで
オプションだらけ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額にしたい方!

あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!